ブルーベリーは、夏に実をつける北米原産の定木ですので、お庭などのスペースで、その春咲きの小さな花や、夏季の甘酸っぱい実を楽しまれている人々もいるのではないでしょうか?日本での栽培が始められたのは、1980年頃からと言われていますので、ごく最近、その存在が身近な草木となったと言えるのかもしれません。ブルーベリーの加工食品は、ジャム、スィーツ、ジュース、ワインなど、数多くみられ、生食としても多くの人々に好まれ、夏のシーズンには、地方の果樹園では、様々なフルーツとともにブルーベリー狩りの食べ放題が企画されたり、道の駅などの果物コーナーの陳列には、その姿が多くみられたりもします。古くから、ブルーベリーを身近な食材としていた欧米では、疲れ目などの目の疾患に対して、効果がある事が医学的に認められていたそうです。最近では、日本でも多くのサプリメントとして、関連商品がみられますが、欧米などでは、医薬品として目の疾患の治療などにも幅広く使用されているようです。ブルーベリーは、親しみ易いその甘酸っぱい風味も手伝って、日本でも、アンチエイジングや生活習慣病の予防面でも期待が寄せられるスーパーフード的な存在感があります。加齢とともに目の不調は、多くの人々に現れ、それらの症状を総称し、「老眼」などと呼ばれていますが、ブルーベリー効能を、救世主的な存在として、無くてはならないものと捉えている人々もいるのではないでしょうか。特に、目を駆使するような職業の方々の間(操縦士、運転手、パソコンを多く使う事務職など)では、ベリー系のサプリメントは欠かせない存在となっているようです。漢方医学などでは、眼精疲労には、その症状はいくつかに分けられ、目の疲労や炎症の他に、その他の身体から不調のサインなどとも考えられているようです。漢方として使用される生薬も、ブルーベリーのように、食生活の中で直接的に取り入れられるような食品もありますが、日本食の中では、なかなか朝鮮人参や冬虫夏草などの生薬を、使かった薬膳的な家庭料理はみられないので、積極的に、日々の食生活の中に取り入れていきたいですね。

admin
admin@culitosdealgodon.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です