「骨粗しょう症」は、女性に多い傾向がありますが、特に閉経後、女性ホルモンのバランスが変化する事などが、影響していると考えられています。健康診断などで、骨密度を計測するような事はあるのではないかと思われますが、骨粗しょう症の治療などがあるような場合は、きちんとした医療での診察を行う事が第一となります。自己判断で、サプリメントや食生活の中で、過剰なカルシウムを摂取する事で、思わぬ身体的なトラブルを招いてしまう可能性もあります。一般的に、「骨粗しょう症=カルシウム」などのイメージがあるかもしれませんが、骨粗しょう症の患者さんが、既に、医師の診断を受けて治療を開始している状態で、カルシウムなどのサプリメントを過剰に摂取することは、高カルシウム血症などを起こす可能性があると言われています。よかれと思った事が、逆に身体にダメージを与えてしまうケースもある事を認識していなくてはなりません。何かの症状を改善する為に、サプリメントを摂取するような場合は、その回復に集中するあまりに、過剰な栄養素の摂取などを試みてしまうような人が少なくないと言います。身体に良いからといって、過剰にサプリメントなどを乱用する事は、思わぬ体調の不良を招いてしまうかもしれません。サプリメントなどで、栄養素を補給しようとしますと、錠剤やパウダーなどによって、摂取し易い状態になっている事が多いので、多量に摂取する事にためらいがなくなってしまうこともあります。何事も過度に行うことで、良い結果は生まれません。栄養素は、多種同士、相互に作用する事でその成分のもつ特性が、活かされたり、台無しになったりもするものなのです。そのような相互作用をもたらす栄養素の摂取を誤ると、本来必要であった成分の力が、減弱したりしてしまうことも免れません。素人判断で、健康食品などをいくつも摂取していますと、知らず知らずのうちに栄養成分が重複してしまい、過剰に同栄養素を摂取してしまうような事態にもなりか兼ねません。サプリメントは、健康食品であるとは言われますが、勝手な自己判断で、多量に摂取する事は避け、他の薬との併用を行うような場合は、必ず主治医に相談をしましょう。

admin
admin@culitosdealgodon.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です