「キクラゲ」が「きのこ」である事はご存知でしたでしょうか?

中華料理では、頻繁に使用されている食材ですが、「キクラゲ」の名前に、「クラゲ」という呼び名が付く事から、海産物であると思い込んでしまっている人々は、どうやら少なくないようです。

「キクラゲ」には、優れた薬効があるとされていますが、すぐれた薬効があると称されている「きのこ」の仲間には、万能薬とも言われる「アガリクス」「冬虫夏草」「霊芝」などがあります。

「キクラゲ」の良いところは、滋養強壮と美容の食材と言われながらも、そのコリコリとした食感で人々を楽しませる事です。

「キクラゲ」には、白キクラゲと黒キクラゲがありますが、特に黒キクラゲが、血液をキレイにするような働きがあると考えられています。

血液に関係するような、高血圧や婦人科系トラブル、痔などに、古くから多く用いられてきたようです。

また、白キクラゲは、男性の強壮に役立てられてきたようです。

ほとんどの主な食用の「きのこ」そうであるように、「キクラゲ」は、低カロリーでありながら豊富な栄養素や食物繊維を蓄える事で、優秀なスーパー食材と呼べそうです。